ハゼ釣り

ハゼ釣りとは

秋になると、あちこちの河口で大勢の人が、特に家族連れで釣りをしています。
そのほとんどがハゼ釣りです。
大阪湾や周辺では淀川・武庫川・加古川・紀ノ川が有名です。
淀川ではJR塚本駅近くで盛んに行われていて、毎年ハゼつり大会も大々的に行われています。
他にも海水の入り込んでいる河川(汽水域)で釣れる所も数多くあります。
道具、仕掛けも実にシンプルで、ほとんど野池でのフナ釣りの延長上にあると言えます。
釣り方も実に簡単です。

ウキ釣り、脈釣りの道具
ノベ竿
ごく普通の万能竿で長さは4.5メートルくらいでよいでしょう。場所や体格によって少し長めや短めでもよいです。時折、チヌなどの思わぬ大物が釣れる事があるので、渓流竿などのつなぎの多い竿は強度に不安があるので、あまりお勧めできません。
道糸
1.5号、長さは竿と同じくらいにします。(竿先と道糸の結び方はここを参照してください)
ハリス
1号、30センチから50センチくらいにします。フロロカーボンにこだわる必要はありません。
ハリ
ハゼ針も市販されていますが、流せんの7、8号やそれくらいの大きさのハリならほとんど使えます。ハリス付きも多く出ています。
ウキ  脈釣りのときは不要
玉ウキ(蛍光合成玉)やセルウキで十分です。
ウキゴム  脈釣りのときは不要
ウキを固定して使いますので、V型ウキゴムなどを使います。
サルカン
タルサルカンの小さめで、スナップ付き、無しのどちらでも使えます。
オモリ
ガン玉や、割りびしなど、いわゆる『かみつぶし』が便利です。ウキに合わせます。板オモリも使えます。脈釣りのときは、0.5号から1号の中通しオモリ・タル付きオモリ・クッションオモリなどを使います。
その他
上記の竿以外がセットになった仕掛けが数多く市販されています。それらを使えば仕掛けを作る手間が省けます。
ハゼ釣り仕掛け

釣り方

全くフナ釣りと同じと言ってもよいくらいで、ただ糸とハリが若干サイズアップするくらいです。
釣り方もよく似ています。

エサは水ゴカイが最もよく使われます。大変軟らかく、食い込みがいいのと、値段も安く、ハゼのいるところと同じ場所にいるのでハゼ釣りには絶好のエサです。ただ、軟らかいということはすぐに切れたり、いつの間にかエサがなくなっていたりすることがあります。

ノベ竿で使えるというのは極めて浅い、干潮時に陸地になるとことや満潮でも子供のヒザまでもないところでも釣れます。つまり、ハゼがいるのを見てからそこに仕掛けを落とすとすぐに食いついてきます。
ウキ下は完全に底に着くようにしておきます。中層では全く釣れません。
仕掛けを投入後は誘いをかけます。
誘いといってもそんなに難しくありません。『そー』とウキを色々な方向に動かして、そのとき根掛りするようならすこしだけウキを上げて底を切って同様に動かせばかなりの確立で根掛りを防ぐことができます。
同じ場所で何回か釣っているとだんだんと釣れなくなってくるときがあります。ハゼはあまり泳ぎ回る魚ではないので、移動しての釣りになります。
脈釣りでも同様に誘いつづけます。
アタリは、最初に”ちょん、ちょん”とウキが動き、次にスーとウキが沈んだら竿を持ち上げるようにして合わせます。
脈釣りの場合は、手元にブルブルと伝わってくるので、ウキ釣りと同じように合わせます。

ハゼに関してはチヌなどのようにここでないとなかなか釣れない、ということは余りありません。
強いていうならば、底に多少石などの障害があるところがよいみたいです。


トップページへ